アマゾネスの女戦士



ホームページ 女子プロレスラー ミックスファイト アマゾネスの歴史 作品集 女子プロ募集
サブカテゴリー★ミックスファイト★
◆NEWS ◆VATTNASS ◆ダウンロード ◆運営者コラム
◆M格闘リンチ ◆男勝ちS格闘 ◆体験談報告 ◆静止画
 

  アマゾネスとは


 ギリシャ神話のアマゾネス。狩りの際、乳が邪魔になるので乳を切り落とした狩猟民族であり、闘いの神アレスを信仰している。 好戦的で女だけで構成されるこの民族は、定期的に男と交わり、子を設ける。生まれてくる子が男なら捨て、女なら育てる。 体は大きく、体力も並みの男性以上。女王が統一し、周囲の村も恐怖の支配下においている。単数形はアマゾン。複数形がアマゾネスである。

では、その伝説のアマゾネスについてまとめてあるので、参照されたし。

こんな強い好戦的な部族が本当にあったら、それは、興奮しますよね。こんな古代から強い女性の憧れというか、性癖が 間違えなくあったんではないかと思います。
なぜなら、男女がレスリングしている話や土品も発掘されていますし、やっぱり、戦闘の多い時代でしょうから 母性として、強き母という潜在的な本能もあるでしょう。
また、そんな強い女戦士部隊にこそ、欲情して、射精してしまう男がいたのでしょう。






ゲームでは、ドラクエ3の女戦士に犯されるとかもね
↓ ↓ ↓ 勇者が女戦士に犯される設定 DQ3Girls! 〜女戦士編〜

★ 女傑ページへ

★ StrongWoman動画を集めてみた
 

  女戦士が男を狩る

 強い女戦士は、誰もが憧れる存在。ファンタジーの世界では、よく女戦士は、ビキニアーマー姿として描かれる事が多い。 強い女戦士は、アマゾネスに代表されるように、男達を狩っていく。



このようなアマゾネスは、かつてのギリシャ神話によって描かれた戦神アレスを信仰とする女部族は、 その軍隊も女だけで編成されるため、女戦士達は通常の男達よりも強い。 ここから、派生して、単に強い女性、女傑などの呼称として「アマゾネス」と呼ばれることも多い。
次の映画は、戦争により文明社会が崩壊し、女が支配するような世界でのSF作品。 まさに、神話の「アマゾネス」を再現していると言える。


 

  男を犯して仲間を増やす 女性優位社会

  伝説の女戦士の集団国家だったアマゾネスで興味深い文書がネットから拾ってきたので紹介したいと思います。

強かった彼女たち

『黒澤はゆまの歴史上の女性に学ぶシリーズ、第六話は伝説の女戦士部族、アマゾーンです。
古代ギリシャ神話に描かれる彼女たちは、徹底的に男性を排除することでその勢力を強めてきました。
主体的で、戦士としても強かった彼女たちは、なぜ滅びてしまったのでしょうか。
それは、現代の私たちにも通じるある出来事がきっかけでした。(編集部) 男を犯して、子どもを戦士に育て上げる伝説の女戦士部族、アマゾーンを知っていますか?
古代ギリシャ神話は彼女たちの勇姿をいきいきと描いています。
武装した女性で構成され、狩猟の女神アルテミスを崇拝。リーダーは知勇に優れた二人の女王がつとめ、 政治はすべて女性だけの手でとり行いました。
人類で初めて馬に乗った人々とされ、優秀な騎手であるとともに弓の達人でした。
子供は近隣の部族の男とセックスするか戦争で得た捕虜を犯して得ます。男の子は父親のもとに返すか荒野に捨て、 女の子だけ手元に置き戦士として育てるのです。
彼女たちは小アジア(現トルコ)のテルモドン川(現テルメ川)下流のテミスキラを本拠とし、 一時はその武勇でアナトリア半島を席巻、エフェソスなど数々の街を創設しました。

彼女たちは実在したのか?

しかし、ヘラクレスをはじめとする英雄たちとの戦いによって衰退し、 最後はアキレウスに女王ペンテシレイアを討たれ滅びたとされています。
女によって統治された女戦士の集団。アマゾーンの伝説は、これまで長く荒唐無稽な作り話であると考えられてきました。
しかし、1994年、アメリカの女性考古学者ジーニー・デービス・キンバルは、ロシアの草原ポロコヴカで古墳を調査中、 衝撃的なものを発見します。それは、矢じりや剣などとともに埋葬された女性たちの骨でした。
手には弓弦をひいた跡があり、坐骨は乗馬のためにすり減っていました。副葬品の豪華さからも、 彼女たちが部族のなかで重要な地位を占め、武器を取って戦える戦士であることは明らかでした。
デービスは古墳に眠る彼女たちの姿をこう表現しています。

「骨はしっかりしていてタフ。170センチ以上ある人も何人かいるわ。皆、大きくて活き活きとして強そう。 そして誰もがきっぱりと自立しているの」

彼女たちはサルマタイと呼ばれる、紀元前700年頃、黒海付近を駆けまわっていた遊牧民でした。
そして、この発見によって、アマゾーン伝説の信ぴょう性も高まりました。
なぜなら、古代ギリシャの歴史家ヘロドトスによると、サルマタイ人は他の遊牧民スキタイ族を父に、 アマゾーンを母にして生まれた民族とされているからです。
女性優位社会が育まれていた痕跡アマゾーンの一部はギリシャとの戦いに敗れた際、 奴隷として船でギリシャに連れ去られそうになるのですが、反乱を起こし乗員を皆殺しにしてしまいます。
しかし、操船のやり方は知らなかったため、嵐にあって黒海の北岸に漂着。そこでスキタイの若者に求婚され 、新しい民族を作ったというのです。
デービスは、自分の発見をアマゾーン伝説と結びつけることには慎重ですが、 オーストリアの歴史家、ゲルハルト・ポーラーはギリシャのリムノス島や黒海南岸に広がる女性優位社会の考古学的痕跡をもとに、 アマゾーンに関する大胆な仮説を唱えています。
彼によると、もともとこれらの地域には、新石器時代以来、母親から家系と財産が引き継がれ、 家長に女性が就くのも珍しくない、母権的な国家があったというのです。
その傍証の一つに、BC十五世紀から小アジアに覇をとなえた強国ヒッタイトも、 おひざ元といってもいい黒海南岸や、エーゲ海沿岸には進出することが出来ませんでした。
この空白はギリシャ神話でアマゾーンが活躍した場所とぴったり一致します。
また、ヒッタイトの年代記には王が「古い女」と通称される、魔女!のような集団に悩まされたという記録も残っています。
男たちの支配する社会への反抗まだ、ヒッタイトは、アマゾーンと上手くやっていたようですが、 BC十二世紀、海の民と呼ばれる謎の民族による襲撃をきっかけに滅亡。空白となった小アジアに、二つの民族が台頭します。
一つはフリギア人。もう一つは古代ギリシャ人です。
イーリアスでトロイのプリアモス王は、若い頃フリギア人を助けてアマゾーンと戦ったことがあると語っていますし、 アテナイのテセウスは、女王の妹アンティオペーを誘拐し、アマゾーンとの大戦争を引き起こしています。
これらの逸話は、彼らが小アジアへ植民活動をしていくなかで、実際にアマゾーンと激しく衝突した歴史を反映しているのだと思われます。
トロイ戦争が女の取り合いで起きたことからも分かる通り、フリギア人も、古代ギリシャ人も、マッチョでマチズモな民族でした。
まわりが次々と、父権的、男たちの支配する社会へと塗り替えられていくなかで、 アマゾーンも、男を追放し、女だけのより先鋭的な集団を作り上げざるを得なかったのでしょう。
つまり彼女たちは、新石器時代から続く母権的社会を守り抜こうとした、最後の女性たちだったのです。
なぜ彼女たちは滅んでしまったのかそして、彼女たちは強かった。
プルタコスの英雄伝によると、テセウスとの大戦争の際、彼女たちはアテナイにまで侵攻し、 男たちを数多殺し、各地に自分たちにまつわる地名を残しています。

しかし、奮闘もむなしく、その後の歴史は男主導で進んでいくことになります。
それは、何故?
デービスは同様の質問をされた際「やっぱり男のフィジカルの方が強いからかしら?」と答えていますが、私は違う考えを持っています。
武勇の差ではなく、現代の女性も直面している、出産と育児の問題だったと思うのです。
トロイの戦争後、男の英雄たちが故郷に戻ると、彼らには成長した子供が待っていました。
しかし、アマゾーンの女王ペンテシレイアは子供を得ることは出来たのでしょうか?
 戦争に参加した女戦士たちは、生命を再生産する営みに参加することは出来ません。
しかし、男戦士の場合、家に残した女たちに、自分たちの子供を孕み育ませることが出来るのです。
さらに、次代を担う子供の数は男でなく女の数に依存するので、 男戦士が死んだところで、別にどうってことはないのですが、女戦士の場合は、集団の維持に即打撃を受けます。
アマゾーンは“専業主婦”に負けた?
つまり彼女たちは男に負けたわけではではないのです。彼女たちは、男の後ろで「家」を守った女たちに負けたのです。
この不愉快な事実を暗喩するように、ヘラクレスをそそのかしアマゾーンに最大の打撃を与えたのは、女神ヘラでした。
彼女はゼウスという浮気性の夫を持ち、結婚生活がちっとも幸せそうでないくせに、貞節と結婚、そして母性の守護神なのでした。
では、アマゾーンの夢、女性が自身の意志を貫ける社会を築くという夢はついえたのでしょうか。
決してそんなことはありません。この連載を読んだ方たちは既に彼女たちの子孫の物語を知っています。
「意思を持つ」女たちの系譜 アマゾーンを母とし、女戦士の習俗を守ったサルマタイ人は、スキタイが滅び、 古代ギリシャ世界も崩壊した後も生き延び続け、ローマ帝国の末期には傭兵として斜陽の帝国を支えていました。
西暦175年、時の皇帝はサルマタイ五千の精鋭からなる部隊を編成、混乱の極にあるブリテンに派遣しました。
片道切符だけ渡された決死隊のような任務でしたが、 多くの女性戦士を含むこの兵団は、見事な戦い振りを見せブリテン・ガリアに一時的な秩序をもたらします。
彼ら彼女たちはその後もブリテン島に駐在し続け、6世紀にはサクソン人の侵略もはね返します。
サルマタイ人たちはその後長い歴史のなかでブリトン人と同化したようですが、 彼らのことを人々は決して忘れなかったようです。その活躍からある宝石のような物語たちが生まれました。
だとすれば、第一話でお話しした、「すべての女が望むものは何か」という問いの答えを知っていたあの 美しく聡明な魔女「ラグナル」もまたアマゾーンの子孫だったということになるのです』

参考文献:
ウーマンエキサイト『男を犯して仲間を増やす 女性優位社会で活躍した、女部族アマゾーンの足跡』

こうした伝説は、本物がモデルとなっていると考える人は多いでしょう。
我々も実際に古代より強い女性がいた事は知っているし、
原始時代でもなければ、武勇に優れた女戦士が多数いたとしても、なんら不思議な事はないでしょう。
非常にロマンがある話ですが 私は、小学生くらいの頃は、よく図書館ではギリシャ神話を読んでいました。
アマゾンの話は非常に興奮して、勃起してしまい、家に帰ると、 いたる所にチンポを擦りつけていました。
クッションや壁、床やベッドとかね・・・・

というと変態かと思われますが
こうした事は健全な男の子であれば、誰しもやっている事です。
普通、普通。

現代では、弓矢や剣での闘いはないですが、
代わりに、拳や、体を使って闘うレスリングスタイルなど
現代のアマゾネスは、変貌をとげている。

いつの時代にも自立した強い女性はいるもので、
ボディビルや格闘に励む女性達は、そうした戦士達の系譜を受け継いでいる生まれ変わりなのかもしれませんね。


 

  グラディエイター

女版のグラディエイターも存在する。
女戦士がかつて、闘技場にて闘っていたという記録もあるのだ。
ミックスファイトジャパンでは、このような歴史的な文献等も見つけ次第記事にして紹介していこうと思う。 女戦士が歴史上でも登場しているが、現代に登場したらどうなるのだろう?
次の動画は、ファンタジーの世界で魔王を倒した女戦士が就職活動で面接を受けることになったという設定だ。
面接では、冒険時の大変な事と言えばなにかといような質問が飛び交います。 集団面接なのでひときわ他の女の子達より大きいですし、なにしろ面接にビキニアーマーです。他の女の子たちはリクルート スーツという 場違い差と世間常識の無さが可愛いいくらいにミックスした女戦士さまです。



アマゾネスの女戦士


グラディエイタークィーン


★NEW★
アマゾネス関連


★☆★☆ AMAZONESS ★☆☆★









  サイト運営者:ゼロ・マスターより 元来の目的
今回はアマゾネスという伝説上の戦闘部族を扱いました。
強い女といえば、アマゾネスというのは、世界共通の言語ですよね。

女傑軍団アマゾネスの女戦士は、M男性なら誰もが憧れます。

ここでは、外国の映画やドラマ、2次元での女戦士を紹介していますが、
やっぱり、長身というか、長い手足が似合いますよね、戦士ですし。
こんな動画は、日本産は、イマイチ絵にならないので、海外のアマゾネス動画を会員サイトで紹介しています。

基本は剣で闘うようですが、ここで紹介しているものより遥かに、素手で闘いますよ。期待通りです。

相手は男。

男を倒してくれる、痛快アクション動画です。


男より強い女傑:アマゾネスの女戦士は、金髪のロングヘア、長身といったところがポイントです。
ネットサーフィンは大変ですし、ハズレも多いので、コンパクトにまとめてある会員サイトの方がいいかと思います!



ミックスファイト倶楽部の申し込みは、こちらからお進みください!

お申込みは今すぐこちらから


男対女とバトル 格闘で女勝ち 女対女の女闘美キャットファイト
M格闘 格闘ゲーム系 M男と屈強女子の変態格闘プレイ
女子プロに逆レイプ 女王様と格闘プレイ 女子アスリート
Copyright © 2013 ミックスファイトジャパン All rights reserved.
by ミックスファイトジャパン